STEP3 質の高い睡眠のために

高齢者の生活改善方法

年齢を重ねると若い頃のようには眠れなくなってきます。眠れないことで生活リズムが崩れて、いろいろな問題が起こってきます。高齢者は若い人に比べて、夜中に目が覚める中途覚醒や、朝早く目が覚める早朝覚醒といった人が多くいます。生活習慣を見直しましょう。高齢者が睡眠の質を改善する方法をご紹介します。

高齢者の不眠の主な要因

加齢に伴う生体リズムの変化

合計約6時間

加齢に伴い生理機能が徐々に低下するため、必要とする睡眠時間が短くなると言われています。
例えば夜8時に寝て夜中の2時に目が覚めたとして、6時間は寝ているので、睡眠時間としては十分取れていると言えます。
睡眠自体が浅くなり、昼寝も増える傾向にあります。

トイレが近い

加齢に伴いトイレが近くなるため、夜中に目を覚ますことが多くなります。

足腰の痛みなど

足腰が弱り痛みが出やすくなります。また外出が減り、運動が少なくなり、不眠がちになる傾向があります。

薬の服用による不眠

加齢とともにお薬を服用することが多くなった場合、お薬に睡眠を妨げる成分が含まれているために、不眠が引き起こされる場合があります。その場合は、薬を処方してもらった医師へ相談することが必要です。

昼・夜のメリハリをつけよう

昼間、日光を浴び、日中の活動量を増やす

日中の活動量を増やそう

日中は外に出て太陽の光を浴び、日中の活動量を増やすことで昼と夜のメリハリがつきます。体を動かしたり人と会って話をするほうが心地よい疲れが得られ、自然と眠れるようになります。 また、昼寝は3時までに20~30分が適切。あまり長い時間の昼寝は、夜の睡眠に影響を及ぼします。

眠気がないのに早い時刻から床に入るのはやめる

夕食後はすぐに床に就かず、ご家族との団らんの時間や趣味の時間を過ごすなどして、遅めに就寝しましょう。早く寝るとそれだけ早く目が覚めてしまいます。もし、床の中にいて眠れないようなら一度床から出ましょう。

症状が改善しない場合

専門の医療機関に相談しましょう

寝つきが悪い・夜中に目が覚めてしまう・明け方に目が覚めやすいなど症状を医師に伝えて、適切なお薬を処方してもらいましょう。用法・用量を守って正しく服用すれば、快適な睡眠を手に入れることができます。

スイミンネットでは全国1,200件以上の不眠治療の相談を受け付けている医療機関を検索することができます。まずはお近くの医療機関にご相談ください。
クリニック検索

当サイトはシマンテックSSLサーバ証明書(旧ベリサイン)を取得しています。

ページの先頭へ戻る