STEP1 睡眠や不眠について知る

睡眠薬は怖くない!睡眠薬Q&A

Q.4 睡眠薬はできるだけ飲みたくないので、お酒に頼ってもいい?

答えはいいえ

A.4 睡眠薬代わりの寝酒をしてはいけません。
また、睡眠薬とお酒を一緒に服用することもいけません。

睡眠薬代わりの寝酒による弊害

  • 飲酒直後には眠くなるが、数時間たつと眠りが浅くなる作用があり、利尿作用もあることから夜中に目覚める原因となります。
  • 効かなくなることが多く、どんどん量が増えやすくなります。
  • 中途覚醒や、睡眠時無呼吸などの睡眠障害が悪化する恐れがあります。

睡眠薬とお酒を一緒に服用することの弊害

  • ひどいふらつき
    一時的な記憶障害
    などの副作用の増強につながることがあります。

寝つきが悪いからといって寝酒に頼るのではなく、医師に相談し正しく睡眠薬を服用するようにしましょう。

当サイトはシマンテックSSLサーバ証明書(旧ベリサイン)を取得しています。

ページの先頭へ戻る