STEP1 睡眠や不眠について知る

睡眠薬は怖くない!睡眠薬Q&A

一口に「不眠」といっても、その症状は人によって様々です。ここでは不眠を含む代表的な睡眠障害について「不眠症」「過眠症」「概日リズム睡眠障害」「睡眠呼吸障害」「その他の睡眠障害」「身体疾患や精神疾患に合併した不眠」という観点から、6つのそれぞれの睡眠障害の概要や原因などをご紹介します。

不眠症とは

日本においては約5人に1人が、「夜寝つきが悪い」「眠りを維持できない」というような不眠の症状で悩んでいるとされています。不眠症の概要、タイプ、原因についてご紹介します。

過眠症とは

夜眠っているにもかかわらず、日中に強い眠気が生じ、起きているのが困難になる状態を過眠症と呼びます。過眠症の概要、タイプ、原因についてご紹介します。

概日リズム睡眠障害とは

昼夜のサイクルと体内時計のリズムが合わないために活動に困難をきたすような睡眠障害を概日リズム障害といいます。概日リズム障害の概要、タイプ、原因についてご紹介します。

睡眠呼吸障害とは

睡眠中に異常な呼吸を示す病態の総称であり、有病率は一般人口の1%以上で、特に中年期に多いと言われています。睡眠呼吸障害の概要、主な症状、原因についてご紹介します。

その他の睡眠障害

ここでは「むずむず脚症候群」「周期性四肢運動障害」「睡眠時随伴症」についてご紹介します。

身体疾患や精神疾患に合併した不眠

睡眠障害だけではなく、身体疾患や精神疾患に合併して不眠が起きる場合があります。ここでは不眠を引き起こす可能性がある代表的な疾患をご紹介します。

当サイトはシマンテックSSLサーバ証明書(旧ベリサイン)を取得しています。

ページの先頭へ戻る