STEP1 睡眠や不眠について知る

睡眠薬は怖くない!睡眠薬Q&A

監修:日本大学医学部精神医学講座 主任教授 内山 真 先生

身体疾患や精神疾患に合併した不眠

以下のような身体疾患や精神疾患では、不眠症状が出現することが多くあります。

  • 1. 頭痛、発熱、腰痛、関節痛、神経痛など
  • 2. 痒み:アトピー性皮膚炎、老人性皮膚疾患など
  • 3. 感染症
  • 4. 循環器疾患:心不全、高血圧など
  • 5. 血管性障害:脳血管障害など
  • 6. 消化器疾患:腹痛、下痢、悪心・嘔吐など
  • 7. 逆流性食道炎、消化性潰瘍など
  • 8. 内分泌および代謝障害:肝・腎不全、糖尿病など
  • 9. 頻尿:前立腺肥大など
  • 10. 呼吸器疾患:肺炎、慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息など
  • 11. 神経症、うつ病、統合失調症など

不調が続くようなら、あなたの症状を医師に相談することをお勧めします。

当サイトはシマンテックSSLサーバ証明書(旧ベリサイン)を取得しています。

ページの先頭へ戻る