睡眠トピックス

ヤマネ先生の眠れる森の診療所 森の動物たちは様々な眠りの悩みを抱えています。眠りのエキスパートである頼れるヤマネ先生がそんな動物たち悩みにお答えします。

監修:滋賀医科大学 精神医学講座
教授 山田尚登先生

「睡眠障害対処12の指針」編~その①睡眠に対する考え方・・・目からウロコ?~

睡眠に対する考え方・・・目からウロコ?
今日は眠りの悩みを抱える森の仲間が勢ぞろい。以前にヤマネ先生から教わった“12の指針”を詳しく知りたいということになったようです。
そんなみんなにヤマネ先生は“12の指針”の中から睡眠に対する考え方を3つ、分かりやすく教えてくれます。
スイミン障害対処の12の指針

ヤマネ先生「私は、冬の間ずっと眠り続けることができます。つまり、眠ることにかけてはエキスパート!
森の動物たちの睡眠の相談相手になっています。」

ヤマネ先生「おやおや、今日の相談はおひとりではないようですね。」

「睡眠障害対処12の指針」編
~その①睡眠に対する考え方・・・目からウロコ?~

ヤマネ先生「今日はおそろいでどうしましたか?」

リスさん「昨日みんなで睡眠の話をした時に…。」

フクロウさん「以前教えていただいた”12の指針”をみんなも知りたいという事になりましてな。」

ヤマネ先生「そうですね、この機会にあらためて紹介しましょうか。」

キツネさん「12個も覚えないといけないんですか?」

ヤマネ先生「全部覚える必要はないですし、必ずこの通りにしないといけないわけでもありませんよ。」

ヤマネ先生「一度に全部だと長くなりますから、今日は3つ紹介しましょう。」

クマさん「それなら覚えやすいですね。」

<睡眠障害対処 12の指針>

「睡眠時間は人それぞれ、日中の眠気で困らなければ十分」

  • 睡眠の長い人、短い人、季節でも変化、8時間にこだわらない
  • 歳をとると必要な睡眠時間は短くなる

ヤマネ先生「まずは、睡眠に対する考え方です。」

リスさん「8時間眠らなくてもいいんですか?」

ヤマネ先生「はい。もっと短い時間でも、翌日に「眠気で困らない」なら問題ありません。
逆に、8時間眠っても足りない方もいますよ。」

<睡眠障害対処 12の指針>


「眠たくなくなってから床に就く、就床時刻をこだわりすぎない」

  • 眠ろうとする意気込みが頭をさえさせ寝つきを悪くする

「眠りが浅いときは、むしろ積極的に遅寝・早起きに」

  • 寝床で長く過ごしすぎると熟睡感が減る

意外に思える部分もあるかもしれません。”考えすぎない”ことも、大事ですね。

キツネさん「眠たくなってから床に就くなら、眠りやすそうですね。」

フクロウさん「明けがた目が覚めたら、そのまま起きてしまえばいいのですな。」

ヤマネ先生「”逆転の発想”のようなものもありますが、試してみてください。」

フクロウさん「ヤマネ先生、ありがとうございました」

「睡眠障害対処12の指針」編
~その①睡眠に対する考え方・・・目からウロコ?~
おしまい

当サイトはシマンテックSSLサーバ証明書(旧ベリサイン)を取得しています。

ページの先頭へ戻る